大阪大学 レーザー科学研究所

研究グループGROUPS

テラヘルツフォトニクス(THP)

グループの概要

ペロブスカイト型酸化物を中心とした新機能性複合材料の開発、ならびに、それら強相関電子材料の超高速光励起電荷ダイナミクスおよびテラヘルツ波物性を中心とした基本物性解明、および新しい光機能の創製など新奇分野の開拓から、新しいタイプのシステム化電子材料・デバイス開発などの幅広いテーマを対象としている。特に、光・電子・磁気・電磁波分野を融合した新しいタイプのボーダレス研究分野の開拓を目指している。

研究室HP

研究内容

様々な電子材料における超高速光電荷ダイナミクス

次世代の電子材料として有望な、強相関電子材料の、フェムト秒レーザーを用いた高速物理現象の解明に取り組んでいる。

超高速現象がもたらす新しい量子現象

超伝導で実現されている、マクロな領域でコヒーレントな量子化状態を極短光パルスを用いて、大きく変化させることを試みている。これまでに、光パルスを用いた磁束量子の生成・制御に成功している。

テラヘルツ波フォトニックデバイスの提案と開発

テラヘルツ波を用いた新しい機能のデバイス開発を目指している。例えば、非常に高速かつ高精度な発信器や波長検出器、およびテラヘルツ波イメージングシステムなどの開発を行っている。

テラヘルツ波イメージングシステムを用いて測定した半導体集積回路の電界分布

メンバー

斗内 政吉 教授
川山 巌 准教授
村上 博成 准教授
北岸 恵子 特任研究員(教授称号)
芹田 和則 特任研究員
BAGSICAN FILCHITO RENEE GOC-ONG 特任研究員
岩見 真代 秘書
ページ先頭へ戻る