トップページ

 

ごあいさつ

 ラテン語に「Philosophia」という言葉があります。直訳すると「知ることを愛する」という意味になり、英語のPhilosophyにあたります。江戸-明治の思想家、西周(にしあまね)はこれを「哲学」と訳しました。今日の日本で哲学というと、工学部の皆さんからは遠い存在と感じるかもしれません。しかし、「知っている」状態を「知らない」状態より良いこととする、あるいは、「より良く知りたい」という価値観を他のさまざまな価値観(面倒臭い、時間が無いetc.)よりも優先する、という姿勢こそが、我々にとってPhilosophiaの意味するところであると考えます。大学はこのPhilosophiaを実践できる場です。皆さんと一緒に学んでゆきたいと考えます。

 ニュークリアフォトニクスグループでは、高強度レーザーとプラズマの相互作用により発生する様々な現象を対象に、物理機構(その現象を支配する物理のしくみ)から工学的応用までを視野に入れた、幅広い研究活動を行っています。どんな研究をするのか、どの方向を追及するのかは、皆さん一人ひとりの個性が最もよく現れるところであると思います。これは小説家が自分の文体以外では小説が書けないのと同じです。自分にしか出来ない事だからこそ打ち込める。皆さんが個性を発揮した研究に邁進できる環境を、レーザー科学研究所は用意することができます。多くの皆さんの参画を希望します。

グループリーダー 余語 覚文

News and Topics

2019.4.1 NPグループホームページをリニューアルしました。