Introduction

教授挨拶

乗松孝好 教授
環境・エネルギー工学専攻
乗松孝好 教授

乗松研究室ではレーザー核融合とその応用についての研究開発を行っています。レーザー核融合は微少な燃料球に燃料である重水素と三重水素をつめ、レーザーを照射し、高温高密度に圧縮し、核融合反応に導こうとする物です。発生したエネルギーはブランケットの中で熱化し、蒸気を作り、発電機を回します。このあたりは通常の火力発電所と同じです。核融合は核分裂炉に比べて

  1. 高レベル廃棄物が発生しない、
  2. 燃料である重水素は海水からほぼ無尽蔵に、もう一つの三重水素は海水中からとれるリチウムから製造でき、数十万年はエネルギーとして供給可能と考えられ、
  3. いつでも停止することができ、緊急冷却装置が必要ない設計も可能である
など優れた特徴があります。反面、燃料の一つである三重水素は放射性物質である、核融合燃焼に導くためには固体密度の1000倍の圧縮と5 keVへの加熱が必要であると言われていて、それなりの大型装置が必要である、核融合で発生する中性子は物質を放射化するなどの課題もあります。レーザー科学研究所核融合工学部門ではより小型のレーザーシステムで点火燃焼が実現できると言われている高速点火方式を中心に原理検証実験と基礎物理の研究が進めています。又、点火燃焼が実現されれば、それを繰り返すことで原理的には核融合発電が実現できるわけで、乗松研究室では核融合発電に向けた安全性を含む課題の洗い出しと、要素研究の立ち上げ、シミュレーション技術の開発、高エネルギー密度科学の研究、核融合技術の産業界への応用などを進めています。

新入生へ

乗松研究室は、工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 量子エネルギー工学講座に属しています。私たちと共に乗松研究室で研究をしてみませんか?

環境・エネルギー工学科 学部3年生の方
学部4年生の4月に、研究室に配属されます。配属前に研究室見学の期間があるので、ぜひ見学に来て下さい。実験装置を見たり、先輩と話したりして研究室の雰囲気を感じて下さい。もちろん見学期間でなくても見学は大歓迎です。
他大学、他研究室に所属しており、大学院から乗松研への配属を希望される方
大阪大学大学院 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻を受験し、エネルギー量子工学コースを志望して下さい。その上で、レーザーエネルギー工学領域を志望して下さい。受験に関しての詳細は、環境・エネルギー工学専攻の大学院入試情報を参照して下さい。受験前に一度研究室に見学に来られることをお勧めします。見学希望の方は、Accessのお問い合わせ用メールアドレスまでご連絡下さい。
高校生の方
大阪大学 工学部 環境・エネルギー工学科を受験して下さい。受験に関しての詳細は、大阪大学の入学情報を参照して下さい。研究室の見学は大歓迎です。見学に来られる際は、Accessのお問い合わせ用メールアドレスまでご連絡下さい。