大阪大学 レーザー科学研究所

ニュースNEWS

超高強度レーザーによる固体加熱のメカニズムを解明

本論文は大阪大学レーザー科学研究所と、ネバダ大学リノ校(米国)、理研Spring-8(日本)、欧州XFEL(ドイツ)、フリードリッヒ・シラー大学(ドイツ)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(米国)、リバモア国立研究所(米国)との国際共同研究の成果です。本研究は超高強度レーザーによる固体加熱のメカニズムを明らかにするとともに、レーザー照射された金属チタンが数百万度の高エネルギー密度状態になった兆候を、新しいX線計測手法により捉える事に世界で初めて成功したものです。本成果はレーザーにより金属内部のエネルギー状態を制御する指針を与え、将来応用が期待さえる高輝度X線源など新量子線源の開発につながるものです。

タイトル:Monochromatic 2D Kα Emission Images Revealing Short-Pulse Laser Isochoric Heating Mechanism
著者:H. Sawada, Y. Sentoku, T. Yabuuchi, U. Zastrau, E. Förster, F. N. Beg, H. Chen, A. J. Kemp, H. S. McLean, P. K. Patel, and Y. Ping

https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.122.155002

ページ先頭へ戻る