大阪大学 レーザー科学研究所

ニュースNEWS

【開催報告】International Workshop on Laboratory Astrophysics: Novel Development in Nonlinear Plasma Physics with Lasers

2020年9月2-3日、”International Workshop on Laboratory Astrophysics: Novel Development in Nonlinear Plasma Physics with Lasers”を 開催しました。

プロジェクトリーダーの坂和先生が米国物理学会の「プラズマ物理エクセレンス賞(John Dawson Award)」を受賞しました。
米国の故物理学者John M.Dawson教授のプラズマ粒子シミュレーションの基礎を確立した偉大な業績をたたえ、設立された賞となります。

11名の共同受賞で、NIF, Omegaのワイベル衝撃波や, UCLAのLAPD装置を使った磁化衝撃波など、無衝突衝撃波の実験及び理論・シミュレーション研究が評価されました。コロナ禍で共同研究や研究会開催が難しい状況ではありますが、 受賞が拠点事業の追い風になることを願ってOn-site, Online併用の研究会を大阪大学吹田キャンパスセンテラス3階にて開催いたしました。

「プラズマ物理エクセレンス賞(John Dawson Award)」 詳細は こちら

【共同受賞者】
Hideaki Takabe (Helmholtz Zentrum Dresden Rossendorf)
Hye-Sook Park, Dmitri Ryutov, and James Steven Ross (Lawrence Livermore National Laboratory)
Frederico Fiuza (SLAC National Accelerator Laboratory)
Youichi Sakawa (Institute of Laser Engineering, Osaka University)
Anatoly Spitkovsky (Princeton University)
Christoph Niemann (University of California, Los Angeles)
William Fox (Princeton Plasma Physics Laboratory)
R. Paul Drake (University of Michigan)
Gianluca Gregori (University of Oxford)

【受賞理由】
For generating Weibel-mediated collisionless shocks in the laboratory, impacting a broad range of energetic astrophysical scenarios, plasma physics, and experiments using high energy and high power lasers conducted at basic plasma science facilities.

ページ先頭へ戻る