ニュース

2020年06月25日
斗内教授の論文がJAPに出版されました
2020年04月30日
プレスリリース
2020年04月03日
斗内教授がゲストエディターを務めた特集号
2020年03月26日
2019年度 学位記授与
2020年02月28日
2019年度 追いコン
2020年02月06日
第51期日本語集中コース修了発表会
2019年12月27日
5Gから6Gへ 3団体共同で特別勉強会(日刊工業新聞2019年12月20日)
2019年12月13日
2019年11月28日 忘年会
» 続きを読む

概要

ペロブスカイト型酸化物を中心とした新機能性複合材料の開発、ならびに、それら強相関電子材料の超高速光励起電荷ダイナミクスおよびテラヘルツ波物性を中心とした基本物性解明、および新しい光機能の創製など新奇分野の開拓から、新しいタイプのシステム化電子材料・デバイス開発などの幅広いテーマを対象としています。特に、光・電子・磁気・電磁波分野を融合した新しいタイプのボーダレス研究分野の開拓を目指しています。

斗内研のモットー

1.荒削りでも良い、先進性を!
 斗内研では独創的な発想や研究を大切にします。人が群がっている研究より、誰もやっていないチャレンジングな研究を目指します。

2.優等生より、チャレンジングであれ!
 研究はやってみないとわからない。お勉強ではありません。優等生ほどすぐ、 “できない”、“やっても無駄”と発言する。まずやりたいことを考えて、決まったら結果は恐れずチャレンジを!

3.よく遊び、よく学べ!
 がんばって研究した後は気分転換しましょう。 集中力を高めて研究することが大切。 良い成果を得た、学会発表した、論文を書いた後はリフレッシュしましょう。

4.インターナショナルたれ! 
 斗内研は国際的な交流を重視します。 国際交流することで、新しい文化や考え方を吸収し、感性を育てよう。

5.プロフェッショナルたれ! 
 大学生は社会人である。子供の振りをして物事から逃げない。 研究知識は未熟でも才能はすばらしい。才能を育てられるのは20代だけ。

6.自分で考えなさい! 
 創造する才能、考える力、解決する能力、チャレンジ力を身につけるのための研究室。 指示を待っていたら才能は開花しない。自分の責任で生きてください。

7.一気呵成と急がば回れ! 
 チャンスが来たら一気呵成にやり遂げる。難しい問題に出会ったら“急がば回れ” 、これが研究の鉄則!