大阪大学 レーザー科学研究所

研究グループGROUPS

超広帯域フォトニクス(UP)

グループの概要

テラヘルツ波は0.1〜10 THz程度(T=テラは10の12乗)の周波数の電磁波です。従来、この領域には明るい光源や扱いやすい検出器がなく、発生・検出が困難でした。このため、テラヘルツ波領域にはフォノン、低次元プラズモン、サイクロトロン共鳴といった種々の素励起があるにもかかわらず、詳しくわかっていない現象が多くあります。これらを解決するために
1. 様々なレーザーを使ったテラヘルツ波の発生・検出及び分光法の開発
2. テラヘルツ波分光を用いた固体物理、生物物理、物理化学の研究
を行っています。またテラヘルツ波を用いた非破壊検査法の開発も行っています。

研究室HP

研究内容

テラヘルツ波光源及び検出器の開発

  • 超高強度フェムト秒レーザー励起によるテラヘルツ放射
  • マルチモード半導体レーザを用いた低コストなテラヘルツ分光システムの開発
  • ショットキー型光伝導アンテナの開発

テラヘルツ分光を用いた物性研究

  • 金属フォトニック結晶のテラヘルツ波応答
  • アミノ酸、タンパク質などの生体関連物質の振動モード解析
  • イオン性液体のテラヘルツ波応答
  • 半導体及び磁性体のテラヘルツ波領域の磁気光学効果
  • 気体やプラズマのテラヘルツ領域における放射/吸収応答

テラヘルツ波を用いた非破壊検査

  • 引火性液体、麻薬、爆薬などの危険物検出
  • 人工関節(ポリエチレン)の劣化評価
  • 生体に対する断層影像法の開発
  • 産業用素材の品質/保守管理検査法の開発

テラヘルツ波放射アンテナ。素子は中央のブロック中にマウントされている。

メンバー

吉村 政志 教授
中嶋 誠 准教授
加藤 康作 特任研究員
髙橋 義典 特任研究員
高澤 秀生 特任研究員
村井 良多 特任研究員
ページ先頭へ戻る