大阪大学 レーザー科学研究所

共同利用・共同研究COLLABORATION

実施要項(各種様式を含む)

下記の項目を掲載しています。

※このページの内容(2019年度共同利用・共同研究実施要項)は、こちらからダウンロードできます。
(PDFファイル・278KB)

2019年度 大阪大学レーザー科学研究所 共同利用・共同研究実施要項

※マニュアル、各種様式書類はこちら

共同利用・共同研究の実施について

  1. 2020年2月28日(金)までに実施すること。
  2. 本研究所において、 共同利用・共同研究に係る実験や研究を実施する際(研究会を含む)は、本研究所受入研究者と打ち合わせの上実施することとし、原則として2週間前までに、下記Webサイト「共同研究受付システム」より,実施届を提出すること。
    「共同研究受付システム」
    (https://collabo.ile.osaka-u.ac.jp/)

    また、本研究所から所属機関等への出張依頼の手続きは行わないため、事前に所属先の勤務管理を担当する部署へ連絡すること。
  3. 研究の都合上、日程に変更が生じた場合は、その旨を受入研究者と共同研究推進室へ速やかに連絡し、共同利用・共同研究実施届を再提出すること。
  4. 保険手続き及び安全講習等は所属機関において完了しておくこと。(研究協力者を含む)
  5. 実験設備を利用する場合は、共同利用・共同研究実施前に、本研究所発行の「安全マニュアル」を熟読すること。また、A区分の共同研究者は、「大型装置利用共同研究実施マニュアル」を熟読すること。
  6. ターゲット室1 のチャンバー周辺及びペレット棟3階・4階は放射線管理区域に指定されている為、これらの場所への立ち入りを伴う作業に従事する共同利用・共同研究者は、(様式2)放射線業務従事者証明書 兼 許可申請書共同研究受付システムより提出すること。
  7. その際、原則として所属機関において放射線業務従事者登録を済ませておき、フィルムバッジ等の個人線量計を持参すること。
  8. 放射線業務従事者は年度毎に本研究所放射線障害予防規定に関する教育訓練を受講する必要があるので、必ず共同利用・共同研究実施開始日の2週間前までにRI施設使用細則放射線障害予防規程を熟読すること。
  9. 所属機関での放射線業務従事者登録が不可能な場合は、大阪大学ラジオアイソトープ総合センターでの教育訓練を受講出来る場合があるので、ホームページ(http://www.rirc.osaka-u.ac.jpにて日程を確認した上で受講を希望する場合は、本研究所放射線取扱主任者・藤岡慎介(TEL:06-6879-8749)と相談のこと。
  10. A区分(大型装置利用)・B1区分(重点的共同研究)の代表者(様式3)共同利用・共同研究実験に関する同意書を共同利用・共同研究実施開始日までに受入研究者へ提出すること。
  11. 研究会は、原則として本学において実施するものとし、開催の際は本研究所共催の旨を明記すること。

物品購入費の執行について

  1. 配分された経費は物品購入費、本研究所への旅費に充当できる。ただし、A区分(大型装置による共同研究)、C区分(研究会形式)については旅費のみに限る。
  2. 購入可能な物品は、申請課題の遂行上直接的に必要なものに限る。パソコン本体、タブレット型コンピュータ、文具類及び什器類の購入は不可とする。
  3. 英文添削については、添削物のコピー(修正箇所等がわかるもの)、論文投稿料については、本人の名前の入った論文表紙のコピーを提出すること。
  4. 共同利用・共同研究に必要な物品の購入については、受入研究者の責任で行うこと。
  5. 納品日及び消費税を含む金額が明記された納品書に研究代表者が署名(または捺印)し、物品の受領日を記入した上で納品書発行日より10日以内(必着)までに受入研究者へ提出すること。ただし、月末に納品される場合は翌月5日(必着)。
    ※書類(見積書・納品書・請求書)の宛名は本研究所名「大阪大学レーザー科学研究所」とすること
    大阪大学以外に納品される場合は、その物品と数量が確認できる写真等を添えること。ただし、大学や研究機関等の事務部門といった第三者による納品確認印が納品書に押印されている場合は、写真等添付を省略することができる。
    ※大阪大学以外に所属する研究代表者は、大阪大学に納品される物品について納品確認を受入研究者に委任することができる。その場合、受入研究者が納品書への署名(または捺印)し、物品の受領日を記入するものとする。
  6. 備品(1点につき耐用年数が1年以上且つ税込10万円以上のもの及び10万円未満のカメラ、録画機器)については、大阪大学の資産となり本研究所で管理する。
  7. 物品購入費の最終執行は2020年2月14日(金)までとし、2月21日(金)までに必要書類を受入研究者に提出すること。期日を過ぎた場合、残額があっても執行できないので留意すること。
  8. 署名(または捺印)、受領日の記載もれ及び納品確認のための写真がないといった書類の不備がある場合、本経費の執行と認められないことがあるので十分注意すること。

旅費の執行について

  1. 本研究所への旅費に限ることとし、申請書に記載のある共同利用・共同研究者についてのみ支給する(原則として学部学生を除く)。
  2. 原則として外国からの渡航旅費には充当できないものとする。
  3. 旅費の請求が有る場合は、共同研究受付システム より実施届と(様式1)旅費申請書をご提出頂き、出張終了後速やかに、(様式4)出張報告書を共同研究推進室(e-mail:kyodokenkyu ※注1)へ提出すること。
  4. 本研究所より旅費を初めて受給される方は、 (様式5)振込依頼書を共同研究推進室(e-mail:kyodokenkyu ※注1)へ提出し、旅費の振込口座を届け出ること。振込依頼書の内容に変更がある場合は、再提出すること。
  5. 旅費の請求は共同研究受付システムにより行い、2020年1月24日(金)までに提出すること。

※ 注1:この後に続けて@ile.osaka-u.ac.jpを入力してください。

コンピュータ・ネットワークの利用について

ネットワークの利用に関しては下記のURLをご覧ください。
http://www.ile.osaka-u.ac.jp/research/cmp/network/

共同利用・共同研究者の宿泊について

宿泊については、各自で手配すること。本学宿泊施設を利用する場合は、下記のURLより各自で予約する。

<宿泊可能な本学宿泊施設>

研究協力者の追加について

年度途中の研究協力者の追加については、共同研究受付システムより申請すること。
※電子メールでの申請は受け付けませんのでご注意ください。

  1. 研究代表者が、共同研究受付システムにアクセスし、「Assigned Research(es) 登録課題一覧」をクリック。
  2. 一覧の中から、協力者を追加したい課題の「Member List 共同研究者一覧」のボタンをクリック。
  3. 表示された「協力研究者ページ」に追加したい協力者の情報を入力し、「CONFIRM 確認」ボタンをクリック。
    ※詳細は共同研究受付システムマニュアルにも記載しております。

共同利用・共同研究の成果について

  1. 共同利用・共同研究成果報告書は所定の(様式6)テンプレートを用いて2ページで作成し(和英どちらでも可)、2020年2月28日(金)でにPDFファイル(20 MB以下)にて、「共同研究受付システム」よりご提出下さい。但し、C区分(研究会形式)においては、A4・2ページの自由形式で作成すること。

※拠点活動の評価に使用させていただくため、共同利用・共同研究活動に関わるファクトデータを記載いただきますが、本目的以外に外部に公開することはございませんので、あらかじめご了承ください。

  1. 共同利用・共同研究の成果報告を「光・量子ビーム科学合同シンポジウム2020」(2020年5月頃予定)において行うこと。
※ご不明な点がございましたら、本研究所の受入教員または共同研究推進室(e-mail: kyodokenkyu @ ile.osaka-u.ac.jp)にご相談ください。

マニュアル、各種提出書類

ページ先頭へ戻る