斗内研究室のモットー

1.荒削りでも良い、先進性を!
 斗内研では独創的な発想や研究を大切にします。人が群がっている研究より、誰もやっていないチャレンジングな研究を目指します。

2.優等生より、チャレンジングであれ!
 研究はやってみないとわからない。お勉強ではありません。優等生ほどすぐ、 “できない”、“やっても無駄”と発言する。まずやりたいことを考えて、決まったら結果は恐れずチャレンジを!

3.よく遊び、よく学べ!
 がんばって研究した後は気分転換しましょう。 集中力を高めて研究することが大切。 良い成果を得た、学会発表した、論文を書いた後はリフレッシュしましょう。

4.インターナショナルたれ! 
 斗内研は国際的な交流を重視します。 国際交流することで、新しい文化や考え方を吸収し、感性を育てよう。

5.プロフェッショナルたれ! 
 大学生は社会人である。子供の振りをして物事から逃げない。 研究知識は未熟でも才能はすばらしい。才能を育てられるのは20代だけ。

6.自分で考えなさい! 
 創造する才能、考える力、解決する能力、チャレンジ力を身につけるのための研究室。 指示を待っていたら才能は開花しない。自分の責任で生きてください。

7.一気呵成と急がば回れ! 
 チャンスが来たら一気呵成にやり遂げる。難しい問題に出会ったら“急がば回れ” 、これが研究の鉄則!

ニュース

2017年09月01日
M2大橋君がJKMST2017でBest Poster Awardsを受賞!
2017年08月04日
3件の海外との共同研究がそれぞれAppl. Phys. Lett.、Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves、Optics Lettersオンラインに掲載されました
2017年08月01日
Aaronの送別会&大阪観光ツアー
2017年06月16日
NanoJapan IREU/Nakatani RIES ProgramでAaron君が来てくれています!
2017年05月12日
研究論文がScientific Reportsに掲載されました
2017年05月02日
2017年度新入生歓迎会 & Frank先生送別会
2017年04月20日
産総研、SCREENホールディングスとの共同研究がAppl. Phys. Lett.オンラインに掲載されましたのコピー
2017年03月31日
研究論文がAPL Photonicsに掲載されました
2017年03月22日
2016年度卒業&修了
2017年03月06日
プレスリリース
2017年03月01日
2016年度追いコン兼Frank先生歓迎会
2017年03月01日
カナダからFrank Hegmann先生が来てくれています!
2017年02月09日
3月9日 International Workshop on Terahertz Nanoscience and Nanotechnology 開催
2017年01月30日
M2濱内くんがIEEE EDS Kansai Chapter of the Year Awardを受賞!
2016年12月02日
2016年忘年会
» 続きを読む