近年のレーザー技術は進歩が著しく、多様な科学・産業分野で役立っています。当研究グループでは、レーザーを構成する増幅器や種々の光学素子に関する新しい技術を開発し、それらを用いて世界最高性能の超短パルス高強度レーザーや高繰り返し・高出力レーザーを作り上げる研究を行っています。また、開発したレーザーを基礎研究(光制御、宇宙物理、高輝度X線源)や応用(ナノテクノロジー・バイオテクノロジー)へ結びつけるための研究を行っています。

研究室概要のダウンロードはこちら

フォトニック結晶ファイバーレーザーと多ビーム結合(>1kW)
産業応用のために開発した フォトニック結晶ファイバーレーザーです。炭素複合強化プラスチックCFRP は、ボーイング787にも使われている軽くて強い素材ですが、将来は自動車の燃費向上に役立つと期待されています。CFRP加工用のkW級レーザーを開発しています。
もっと詳しく
空間光変調器と4f光学系を用いた超高精度ビーム整形
レーザー光を時空間領域で精密に制御する技術を開発しています。これによりあらゆるレーザー装置の能力を極限まで引き出し、基礎化学から実用研究まで幅広く応用します。
バーチャル斜めグレーティングを用いた新しい高精度ビーム整形に関する論文がScientific Reports誌に掲載されました。
M1大澤君がSPIE 国際会議で"LAMOM 2017 Best Student Presentation Award"を受賞!
もっと詳しく
超短パルスレーザー加工によるナノマテリアル創製とプラズモニクス応用
超短パルスレーザーのナノ加工能力・可干渉性・局在熱プロセス等を用いて、トップダウン型のナノマテリアル創製を行い、ナノテクノロジーやプラズモニクス分野に新しい展開をもたらしています。
周期配列カイラル構造の一括作製に関する論文がScientific Reports誌に掲載されました。
もっと詳しく
世界最大の高ピーク出力レーザーの開発
世界最高出力である10ペタワット(ペタは1015)レーザーを開発しています。また、シミュレーション等を用い高繰り返し・高出力レーザーを開発しています。
もっと詳しく