大阪大学 レーザー科学研究所

ILEの研究RESEARCH

産業連携活動

産学連携プロジェクト推進室

概要

当研究所ではレーザー及びプラズマを活用した産学連携活動を推進しています。
21世紀に入りレーザーの重要性が増しており、様々な分野への応用が始まっています。レーザー科学研究所は超大型レーザー施設だけでなく、半導体レーザー、ファイバーレーザー、固体レーザーなど様々な光源を有し、X線からテラヘルツまですべての光領域をカバーしております。応用についてもレーザー加工、計測、イメージング、新材料・物質創成から医療、ロボット、自動車、農業、エネルギー分野まで幅広い貢献が可能です。また、レーザーで生成するプラズマは、高温、高密度、高圧力であり、現在広く利用されている放電プラズマとは異なる可能性を秘めています。


図1 レーザーの様々な応用

推進活動

企業との共同研究の推進を行っています。共同研究の立ち上げから,実用化を目指した大型プロジェクト化まで協力致します。興味をお持ちの方は,産学連携推進室までお問合せください。

  • 企業との共同研究の立ち上げ
  • 共同研究部門の設置
  • 共同研究のプロジェクト化

メンバー

室長 山本 和久 大阪大学レーザー科学研究所 副所長 教授
室員 吉村 政志 大阪大学レーザー科学研究所 教授
重森 啓介 大阪大学レーザー科学研究所 教授
余語 覚文 大阪大学レーザー科学研究所 准教授
楓 彩織 大阪大学レーザー科学研究所 特任事務職員
辰巳 ふみ 大阪大学レーザー科学研究所 特任事務職員
黒田 協子 大阪大学レーザー科学研究所 事務補佐員
ページ先頭へ戻る