大阪大学 レーザー科学研究所

研究グループGROUPS

半導体レーザーシステム工学(SLS)

グループの概要

レーザーは限られた産業応用だけでなく民生応用まで広がっています。SLSグループではレーザー応用研究、主として可視光半導体レーザー応用を企業と連携しながら行っています。走査レーザー方式による照明、表示だけでなく計測、給電、通信、を一体化するIoTステーションの基盤検討と各技術研究、その要素技術の展開を行っています。

研究室HP

研究内容

空間計測(LiDAR)

可視光レーザーを走査する方式による3D計測を行い、物体、人間検出を行っています。赤外ではなく可視光を用いる理由は、同時に人間に対する注意喚起を行えるという利点があるからです。ロボットや自動車産業への展開が期待されます。

高輝度レーザー照明

青色半導体レーザーを蛍光体に照射することで高輝度な混合白色光が得られます。自動車産業の方々と先進ヘッドライトなどへの応用に関して共同研究しています。また将来の自動運転に向けた注意喚起照明の研究も行っています。

高画質レーザーディスプレイ

走査型レーザープロジェクタの高画質化において障害となるレーザーのスペックルノイズ(干渉により生じる)の対策、そして企業と協力してレーザーディスプレイに関する国際標準化を行っています。

メンバー

山本 和久 教授
石野 正人 特任教授
高森 晃 特任教授
金 美善 特任講師
木下 順一 招へい教授
藤 寛 特任研究員
ページ先頭へ戻る