大阪大学 レーザー科学研究所

施設FACILITIES

激光XII号

概要

激光XII号は国内唯一、世界でも有数の大型レーザー実験装置です。今日までに、一億度を超える高温プラズマの生成、レーザー爆縮による固体密度の600倍を超える高密度圧縮の達成など、レーザー核融合研究における確たる成果を挙げてきました。 
激光XII号は、二つのプラズマ生成用真空チャンバーを有しています。 チャンバー室Iでは、球対称に配置された十二本のレーザービームで、ターゲットを照射することが出来ます。 チャンバー室IIでは、十二本のビームを一本にバンドルし、一方向から高いレーザー強度で、ターゲットを照射することが可能です。


激光XII号レーザー室


チャンバー室I(球対称照射系)


チャンバー室II(一方向照射系)

激光XII号レーザーの基本性能

激光XII号レーザーの基本性能は、以下の通りです。

ビーム数 12ビーム
ショット数 3 – 4 ショット/日(12ビーム同時照射の場合)
波長/照射配位 1053 nm or 527 nm(チャンバー室I)
1053 nm or 527 nm or 351 nm(チャンバー室II)
パルス幅 0.1 ns – 4 ns
エネルギー 1000 J/beam (1053 nm/ > 1.2 ns)
500 J/beam(527 nm/ >1.2 ns)
250 J/beam (351 nm/>2.0 ns)
エネルギーは目安です。レーザー条件によって変わります。
レーザービーム径 30 cm
集光レンズF値 F/3
コヒーレンス制御 コヒーレント光・二次元スペクトル分散法(チャンバー室I)
二次元スペクトル分散法・部分コヒーレント光(チャンバー室II)
集光パターン制御 ランダム位相板(チャンバー室I)
キノフォルム位相板(チャンバー室II)

以下の表は参考データです。実験条件設定の際は事前に、受入研究者と打ち合わせ下さい。

激光XII号 レーザーの出力エネルギー

計測器取り付けポート

激光XII号の真空チャンバーには、計測器取り付け用に6インチもしくは8インチのポートが用意されています。計測器取り付けの可能・不可能を図面だけから判断することは困難です。事前に所内の受入研究者と相談下さい。

ポート配置の図面は下記からダウンロードすることが出来ます。

各ポートの座標は、下記からダウンロードすることが出来ます。

ページ先頭へ戻る